• 千葉市で楽しく"のほほん"生活

先日、非常用トイレを買いました。

箱は、思っていたよりもコンパクトで安心しました。

オマケのサンプルが箱に貼ってありました。

サンプルは、使わないで箱にしまいました。

箱の裏面はこんな感じです。

取扱説明書はこれです。

中身はこれです。右がビニール袋、左が凝固剤で50セットです。

非常時の我慢の中でも、トイレの我慢はつらそうです。

そもそもは簡易トイレとして黒のビニール袋を買っておくつもりでした。でもビニール袋では臭いを防げないことは、ペットの排便処理で実感しています。特に夏は大変です。

そんなわけで、凝固剤と防臭ビニール袋のセットに心惹かれました。

使用可能な期間は10年だそうです。

使っていないので、効果は体感していません。

amazonのレビューでも見かけたとおり、使わないで10年過ぎればそのほうがいいのです。一つ備えた、という満足感があります。

これを頼んだ翌日に、大阪の地震がありました。

いま箱の裏を読むまで気づきませんでしたが、製造販売のクリロン化成株式会社さんは震度5強だった東淀川区にある会社でした。

いまも大変な被災地の皆様を思うと言葉がありません。少しでも辛くない毎日でありますようにと願います。

千葉は地震が起きる確率が非常に高いといわれています。

30年内の「震度6弱以上」の確率が上昇 千葉市85%、新宿区47%…太平洋岸で高く

https://www.google.co.jp/amp/s/www.sankei.com/affairs/amp/170428/afr1704280006-a.html

今回の私のように不安にまかせてモノを購入するばかりでなく、きちんと備えないといけないですね。

一日一つずつ、防災について考えることにしてTo doリストに追加しました。