• 千葉市で楽しく"のほほん"生活

どうにも気持ちが乗らない朝、クーポンガチャで25%引クーポンが当たりましたー\(^o^)/

本日限り、10冊まで。

25%は激レアではないですが、しょっちゅうは出ません。

30%はキャンペーンでもないと出ないので、25%が通常営業のお得度ナンバーワンだと思います。

これが出るのを狙っているといつまでも読みたい本が買えないので、急がない本はクーポンガチャで20%が出るまで待ってから買っています。

今朝は、1回目はライトノベル限定クーポンが出ました。今回みたいにいらないクーポンが出た場合は、クーポンをゲットしないで(タップして有効化はしないで)SNS共有をすると2回目が引けます。私はいつもlineに流します。今日は2回目でほしいクーポンをゲット!。

本当に安く買うなら他にも方法はあるのですが、私にとってはいま電子書籍が一番です。

たとえば現在売れ続けている「漫画 君たちはどう生きるか」は、以下の参考価格によると紙の本なら1404円。

これがBookLive!で普通に買うと、1100円。25%引きで825円。

今日現在はamazonの中古本でも最安974円なので、既にこの時点で電子書籍が安いです。

amazonの電子書籍のkindle価格も本日1101円ですね。こちらはポイントが10%もつくのがすごい!

電子書籍は読む権利を購入しているだけで自分が所有しているわけではありません。

リアルに所有できる紙の本と違い、電子書籍の本と私との間には運営会社や読むための端末、オペレーティングシステムやアプリケーション、ブラウザが必要になります。これらは永遠ではありません。会社や電子書籍事業はなくなるかもしれませんし、電子書籍の流行りの形式も変わります。アプリケーションはいつかシステムの変化に対応できない日が来るかもしれません。

それでも、電子書籍は携帯性が高いので、移動中にいつでも読みたい本が取り出せていつでもどこでも簡単に読めることが私にとってはメリットです。

最近は本を持つのも重いと思うようになってしまいましたし。

もう一つ、端末が光るので暗いところでも読めるのが嬉しいです。

本を安く読もうとすれば、amazonの中古で本代1円+送料300円弱で買えるケースも多いです。

どうしようか悩むことも多いですが、割高な電子書籍を選ぶ場合は、電子書籍の金額との差分を「いま簡単に読める」というメリット代と考えて購入します。

ただし、電子書籍のテキストの本は画面が固定されないので、「たしかあのへんのページの右の方に書いてあったんだよね」というような記憶には残りません。

本好きな人には歯がゆいところかも。

さて、今読んでいる本も終わっていないけれど、春のせいか鬱々としているので何か衝動買いをしたい気分。

これから、ジャケ買いで、何かの本を選びまーす。

気持ちが明るくなりました〜\(^o^)/