• 千葉市で楽しく"のほほん"生活

少し前の電子書籍の激安キャンペーンのときに、購入して読んだ本です。

中野信子さんは、よくテレビで、見かける東大卒の脳科学者さんです。

「運のいい人は自分を大切に扱う」のところが一番印象深かったです。

朝はいた靴下に穴があったら、運のいい人は「今日は外で靴を脱がないからこのまま履いていってしまおう」とは考えず履き替える、という例えが心に響きました。

すぐにセシールにストッキングを注文したことだよー。

そして、いまこれを書くために読み直して、他の例えにも気づきました。

運のいい人は一人で食事をするときもコンビニのお弁当で済ませない、心のこもった料理を出してくれるレストランに入るか自分で作る、自分を粗末にせず大切に扱うんだそうです。

私はここで、自分を粗末にしている記録をいっぱい残しているなあと反省しました。

読んで良かった本です。

また読み直す!

ほとんど忘れてたし(泣)。