• 千葉市で楽しく"のほほん"生活

10月27日から11月9日まで、読書週間だそうです。

おすすめの一冊はアベナオミさんの「被災ママに学ぶちいさな防災のアイディア40」。
マンガ形式なので手に取りやすいです。

私は電子書籍で持っているので、スマホをスマホで撮影したものです。
でもこの書籍は一枚一枚の画像として表示されるタイプの電子書籍なので、スマートフォンで見るのはちょっとストレス。紙の書籍、もしくは電子書籍の場合はタブレットでの閲覧がオススメ。

サブタイトルは<東日本大震災を被災したママ・イラストレーターが3・11から続けている「1日1防災」>です。「自分の体験を何かに役立てないか」とツイッターで発信された1日1防災が本になったもので、継続することって本当に大切。

宮城県に生まれ育った著者さんは、30年以内に99%の確率で「宮城県沖地震」が来るといわれて小学生のときから防災教育を受けていたそうです。それでも後悔したこと、その後取材したこと、今やっていることがこの1冊にわかりやすくリアルに書かれています。
また、初版が2017年2月なので、熊本地震についても取材が行われて新しい情報として胸に迫りました。

感想はそれぞれかと思いますが、私はこれをバイブルとして何回も読み返そうと思いました。でも、今回何の本について書こうかと久々に電子書籍を開いたときに、ほとんど読み返していないこと、内容を覚えていないことに気づきました。
また読まなければ、そして実行に移して備えなければと思いました。

あとまわし、先送り、見ないことにする名人の私にとってのとても刺激になる一冊。
手にとっていただけたら、幸いです。